お中元には沼隈ぶどう

種別・商品で選ぶ 蔵元で選ぶ サイズで選ぶ 特定名称酒で選ぶ 商品検索
サイトメニュー
田中商店のメリット

SSL
当サイトでは、通信情報の暗号化と実在性の証明のため、日本ベリサイン株式会社のSSLサーバ証明書を使用しております。セキュアシールより、サーバ証明書の検証結果をご確認ください。

沼隈ぶどうについて

瀬戸内の半島に広がる広大なぶどう畑。広島県内有数の生食用ぶどう産地・福山市沼隈町。

沼隈ぶどうのはじまり

沼隈町・八日谷樹園地広島県の南東部・福山市沼隈町(旧・沼隈郡沼隈町)でぶどう栽培が本格化したのは昭和30年前半。

共有林を開墾して作った八日谷樹園地は、広さ42.5ヘクタール(マツダスタジアム約18個分)、総工費四十億円ほどの費用をかけて作られたといいます。

当初は、生食用・ワイン醸造用としても評価の高い品種「ベリーA」の栽培が主だったようですが、昭和47年、日本で最初に種のない大粒ぶどう「ニュー・ベリーA」の実用化に成功してからというもの、沼隈ぶどうは生来の沼隈ぶどう農家の技術力の高さ・品質の良さも手伝って、ますます全国的に高い評価を受けるようになりました。

沼隈ぶどうの評価として、ぶどうの品質がまず一定しているということが挙げられます。これは先の樹園地開拓の恩恵と考えられます。平地となった広大なぶどう農地には陽の光がおよそ均一に注ぎ、用水やその他の必須環境が全ての農家でほぼ平等に整ったことなどが安定した美味しさの理由です。

JAぬまくま・ぶどう選果場現在、沼隈地区で栽培されるぶどうのおもな品種として、「ニュー・ベリーA(種無しベリーA)」「ピオーネ」「安芸クィーン」「藤稔」「ゴルビー」「甘太郎」「瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)」などがあります。そのほとんどが無核化され、種のない食べやすいぶどうとしてご家庭で親しまれています。

※ 当Webショップでは「藤稔」「ゴルビー」「甘太郎」の通信販売を行っていません。「藤稔」に関しては、店頭での販売のみとさせていただきます(藤稔は実が軸枝から離れやすいため、輸送に不向きなためです)。

△ ページの上部へ戻る

沼隈ぶどう 田中商店 取扱い一覧

ピオーネ / 広島県福山市沼隈町産 ニュー・ベリーA / 広島県福山市沼隈町産
瀬戸ジャイアンツ / 広島県福山市沼隈町産 安芸クイーン / 広島県福山市沼隈町産

△ ページの上部へ戻る

当店で取り扱うぶどうについて

当店・田中商店からお客様の元へ配送する沼隈産ぶどうはすべて「JA沼隈ぶどう選果場」の厳しい検査を経て出荷されるぶどうです。「JA沼隈ぶどう選果場」ではぶどう直売所も設けてありますのでお近くのお客様はJAの直売所もぜひご利用ください。

△ ページの上部へ戻る

沼隈ぶどうの等級について

沼隈ぶどう大長みかんといった果物の等級について、国内では一般的にJA基準により、果実の糖度(甘さ)や色づき・形などの見栄え等、品質の良いと判断されるものから「赤秀」→「青秀」→「」→「」の順に選果されます。

選果の基準は外観(粒の大きさや色)が大きな割合を占めますが、必ずしも外観と味が比例するものではありません。例えば、色を付けることが難しいと言われる安芸クイーンなどは、味(糖度)は赤秀ランクに引けを取らないほどたわわに実っているにもかかわらず、安芸クイーンの特徴である粒の赤色がまだらである・色付きが十分でない等の理由で無印あるいは出荷自体を諦めるケースも、一部の農家さんにはあるようです。

当店の沼隈ぶどう販売におきましては、(特に夏期は)ご贈答用としてぶどうをご注文いただくケースがかなりの割合を占めており、その点をじゅうぶん考慮して、品質管理に確実な信頼が置けるJAの選果場から仕入れを行っております。取り扱う沼隈ぶどうも、送り先様にもっとも喜んでいただける「赤秀」ランクを基本として、ぶどうの状態を第一に日々、仕入・出荷作業を行っております。

沼隈ぶどう 赤秀ランクの箱の例 沼隈ぶどう 青秀ランクの箱の例 沼隈ぶどう 無印ランクの箱の例
赤秀(最高等級) ぶどう箱 青秀 ぶどう箱 無印 ぶどう箱

△ ページの上部へ戻る

ベリーA / ニュー・ベリーAとは

沼隈ぶどう - ニュー・ベリーA(色付きはじめ)「日本のワインの父」川上善兵衛氏が1927年に交配に成功した品種です。醸造用(ワイン用)の品種として、国産ワインの多くがこの品種を使用しています。

ベリーAは本来、種のあるぶどうです。消費者のニーズに合わせて、沼隈のぶどう農家が長年ぶどうの無核化(種なし)に取り組み、全国に先駆けて開発に成功しました。

現在、ベリーAをはじめとして沼隈ぶどうはそのほとんどが種なしぶどうです。ベリーAについては、種のないぶどうを「ニュー・ベリーA」と名付けて、現在、流通を行っています。

(写真:6月下旬、色づき始めたニュー・ベリーA)

→ 沼隈ぶどう ニュー・ベリーA 商品ページはこちらから

△ ページの上部へ戻る




瀬戸ジャイアンツ(桃太郎ぶどう)とは

皮ごと食べられる瀬戸ジャイアンツ岡山県で誕生した「皮ごと食べられる」高級ぶどう。瑞々しい梨のようなさっぱりした味で、噛んだ瞬間、ぶどうの皮が音を立ててはじけ、一気に果汁が口の中に広がります。岡山県の一部の生産組合では「桃太郎ぶどう」という商標でこのぶどうを販売しており、全国的にはこの名称で流通されるぶどうが有名です。この生産組合に加入していないぶどう農家が栽培した同じぶどうを「瀬戸ジャイアンツ」と呼びます。

ちなみに「桃太郎ぶどう」のネーミングは、粒形が独特で桃にそっくりなところから。いずれにしても、瀬戸内を代表するぶどうとして近年爆発的に評価を高めています。

→ 沼隈ぶどう 瀬戸ジャイアンツ 商品ページはこちらから

△ ページの上部へ戻る

お客様へ・・・当店のわがまま(こだわり)を聞いて下さい!

沼隈ぶどう(種なしピオーネ)

  • ぶどうは自然のものです。毎日同じものが収穫できるとは言えません、当店では「お客様により良い状態のぶどうを販売したい」と思っていますので、当日の仕入れ状況によって店頭・Webショップに出せる商品が少量の日もあります。
    また、ご予約いただいても天候などにより良質のぶどうを出荷できない場合は少しお待ちいただく場合がありますのであらかじめご了承下さい。より新鮮で良質なものを提供していきたいと思うがゆえの判断です。ご理解のほど何卒よろしくお願いいたします。
  • ぶどうは「生もの」なので、より早くお届けできるよう入荷したその日に発送します! 1日経ったものは送りません。
    それからぶどうは季節のものなので、私達やお客様の都合よりも、「ぶどうの都合」に合わせて仕入れ発送を行います。お客様には重ねてご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
  • 葡萄は製品ではなく、作物です。農家さんにとって、毎年「同じ大きさ、同じ色、同じ甘さ」に作ることって本当に大変なことなんです。
    自然と向き合い、相当な努力と労力を重ねるからこそ美味しい葡萄が作れます。並大抵ではないそんな農家さんたちの想いを伝えたい! その想いを含めて、より良い葡萄を味わってもらいたいがため、上記のルールを当店はこれからも守っていきたいと思っています。
  • お盆まではハウスで栽培されたぶどうを販売しております。それ以降はぶどう本来の「旬」を迎え、露地で栽培されたぶどうの販売に切り替わります。価格は出荷状況によって変動しますのでご了承下さい。




△ ページの上部へ戻る